大水槽

標津サーモン科学館で一番大きな海水の水槽です。
ここにはサケ科魚類ばかりでなく、カレイ類やクロソイなど、標津の海の魚たちを展示しています。

大水槽

魚道水槽

サケのライフサイクルに合わせ、季節毎に展示が変わります。

2 − 5月 シロザケの稚魚の群泳が見られます。
9 - 10月 魚道水槽は標津川とつながります。
標津川に回帰したシロザケ、カラフトマス 、サクラマスの遡(そ)上の様子が見られます。
11月 シロザケの産卵行動が観察できます。1日に1〜3回ほど産卵させるようにしています。運が良ければ産卵の瞬間が見られるかもしれません。

魚道水槽

中水槽

根室海峡に暮らす魚たちを展示しています。

中水槽

イトウ コーナー

小さなイトウから大きなイトウまで、サイズ別に展示しています。
エサやりもでき、勢い良くエサを食べる様子は迫力満点。剥製やパネル、映像で、イトウの様々な情報を展示しています。
※ エサは館内設置のガチャよりご購入いただけます。1個100円(50円の商品券付き)

イトウ コーナー

稚魚 コーナー

約20種類のサケ科の魚の稚魚を展示しています。よく似た稚魚たちですが、見比べると微妙な違いで見分けられるでしょう。

稚魚 コーナー

その他館内施設

サケ観覧橋

標津川のウライ(捕獲施設)にかかった橋です。8月中旬から11月中旬にかけて一般開放しています。シロザケやカラフトマスなどの豪快な遡上の様子が見られます。

カードの画像
サケ映像室

正時から(10:00「標津とサケ」・11:00「サケ その大いなる一生」以降交互に16:00まで)、追加料金不要。定時上映以外の時間は、ご相談の上、対応可能。

カードの画像
サケ展示室

「サケの生態」「サケの回遊」「標津のサケ漁業」「サケと人間」をテーマに模型、写真、パネルなで解説しています。

展望室

地上30mの高さから、知床連山、国後島、標津川など標津周辺の雄大な景色が見られます。

国後島

フロアマップ

1F

1F

2F

2F